境 内

滝山寺

瀧山寺梵鐘
元禄十年

瀧山寺梵鐘

 瀧山寺は、寛文十年(1671年)と元禄十年(1697年)に徳川将軍家により修復を受けたが、元禄十年時の集群綱吉による修復を跡づけるものが本品である。

 銘文に「大檀主征夷大将軍源綱吉公」とある。
当ホームページ内に掲載しています写真やデザインなどは著作権法で保護されています。
また、使用している写真の無断転載・再配布や、写真を加工しての使用は禁止しています。