宝物殿安置

滝山寺

帝釈天立像
国指定重要文化財
鎌倉時代・運慶 湛慶仏師

帝釈天立像

 熱田官司藤原範忠の子、寛伝が従兄弟にあたる源頼朝の菩提を弔うために正治三年(1201年)建立した惣持禅院に安置したもの。仏師は運慶とその長男湛慶で、右川側の聖観音は頼朝の等身大で顎髭(又は鬢の落毛)と歯を胎内に納めたという。X線透視撮影の結果、頭部内に小さな納入品が針金で吊るされているのが判明している。寛伝は頼朝の推挙を得て下野国日光山満願寺十九世座主となり、後に瀧山寺住職を勤めた。

 聖観音は寄せ木造りの彫眼像で蓮華を持つ左手に右手を添え、蓮華座の上に立つ。
 中央の梵天(ぼんてん)は四面四臂、各面三目彫眼で、左手の一手に蓮華を持ち、右の一手は軽く拳をつくり、蓮華座の上に立つ。
 左側の帝釈天(たいしゃくてん)は一面三眼で、条帛の下に胸甲を着け、右手にとっこしょを執り、右足をやや踏み出して荷葉座の上に立つ。各像は桧材で、江戸時代末から明治頃の極彩色の補彩が厚く施されている。

 卓越した形態把握、適度な緊張感と充実感を持つ体躰、目尻のやや切れ上がった張りのある力強い顔立ちから、運慶または慶派正統の仏師によるものとみられる。また、梵天(ブラフマー)・帝釈天(インドラ)は一般に一対の守護神として表されるが、聖観音の脇侍に配す例は珍しい。
当ホームページ内に掲載しています写真やデザインなどは著作権法で保護されています。
また、使用している写真の無断転載・再配布や、写真を加工しての使用は禁止しています。