宝物殿安置

滝山寺

帝釈天立像
国指定重要文化財
鎌倉時代・運慶 湛慶仏師

帝釈天立像

 帝釈天(たいしゃくてん)は一面三眼で、条帛の下に胸甲を着け、右手にとっこしょを執り、右足をやや踏み出して荷葉座の上に立つ。 各像は桧材で、江戸時代末から明治頃の極彩色の補彩が厚く施されている。

 卓越した形態把握、適度な緊張感と充実感を持つ体躰、目尻のやや切れ上がった張りのある力強い顔立ちから、運慶または慶派正統の仏師によるものとみられる。
当ホームページ内に掲載しています写真やデザインなどは著作権法で保護されています。
また、使用している写真の無断転載・再配布や、写真を加工しての使用は禁止しています。