本堂安置

滝山寺

毘沙門天立像
平安時代後期・在地仏師

毘沙門天立像

 四天王の一尊、北方世界を守護する多聞天(たもんてん)のこと。単独では副徳を授ける神として、七福神の一尊に数えられる。
 本像は一木造りの彫眼像。白檀を模した素地色の彩色が施され、瞳や髭、衣・甲冑に墨描きがある。瞋目(しんもく)の忿怒の表情、猪首の重厚な体貌、正面両足間で契り楔形を呈する裳裾などから平安時代後期のものと考えられる。
 足下の邪鬼は楠の一材から彫り出され、二頭を網状の褌で一括りにするなど、在地仏師の自由な創意が感じられる。
当ホームページ内に掲載しています写真やデザインなどは著作権法で保護されています。
また、使用している写真の無断転載・再配布や、写真を加工しての使用は禁止しています。